HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > スケート部 > ニュース > JOCジュニアオリンピックカップ 第38回全日本ジュニアスピードスケート選手権大会 男子500mで中村隼人選手が優勝


JOCジュニアオリンピックカップ 第38回全日本ジュニアスピードスケート選手権大会 男子500mで中村隼人選手が優勝

2015年01月19日

JOCジュニアオリンピックカップ第38回全日本ジュニアスピードスケート選手権大会の結果をお知らせします。
中村隼人選手(経営・1年)が男子500mで優勝、1000mと1500mでも表彰台に上る活躍を見せ、総合4位となりました。
この結果、2月にポーランドで開催される2014/2015ジュニアワールドカップスピードスケート競技会最終戦と
2015世界ジュニアスピードスケート選手権大会の代表に選出されました。
また、阿部啓吾選手(経営・1年)も500mで3位と好成績を収めました。

【日程】
2015年1月15日(木)~17日(土)

【会場】
釧路市柳町スピードスケート場

【結果】
中村 隼人(経営・1年)
男子総合4位
500m  優勝
1000m  2位
1500m(QS)  3位
5000m(QS) 41位

阿部 啓吾(経営・1年)
500m  3位
1000m  6位

今後ともスケート部の活躍にご期待ください。