HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > スケート部 > ニュース > 第39回全日本スプリントスピードスケート選手権大会で中村駿佑選手が総合優勝


第39回全日本スプリントスピードスケート選手権大会で中村駿佑選手が総合優勝

2015年01月08日

nakamura

優勝した中村選手(写真提供:スポーツ法政新聞会)


第39回全日本スプリントスピードスケート選手権大会の結果をお知らせします。
本学スケート部コーチとして活動している中村駿佑選手が1000mを両日制し
他の強豪選手を抑え、見事総合優勝に輝きました。
この結果、2月に開催されるワールドカップ第6戦(オランダ・ヘレンベーン)と
2015世界スプリントスピードスケート選手権大会(カザフスタン・アスタナ)の代表選手に選出されました。

【日程】
2014年12月29日(月)~30日(火)

【会場】
長野市オリンピック記念アリーナ(エムウェーブ)


【結果】


500m(1日目) 1000m(1日目) 500m(2日目) 1000m(2日目) 総合
中村 隼人(経営・1年) 20位 7位 DNF
阿部 啓吾(経営・1年) 25位 24位 22位 20位 23位
藤野 裕人(文・3年) 11位 15位 16位 4位 6位
中村 駿佑(スケート部コーチ) 4位 1位 9位 1位 優勝


今後ともスケート部の活躍にご期待ください。