HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > スケート部 > ニュース > 第34回全日本学生スピードスケート選手権大会 AR部門で三輪準也選手が優勝、SP部門で中村隼人選手が準優勝


第34回全日本学生スピードスケート選手権大会 AR部門で三輪準也選手が優勝、SP部門で中村隼人選手が準優勝

2014年12月15日

第34回全日本学生スピードスケート選手権大会の結果をお知らせします。
総合部門で三輪準也選手(経営・3年)が優勝、スプリント部門で中村隼人選手(経営・1年)が準優勝しました。

【日程】
2014年12月11日(木)~12日(金)

【会場】
群馬県総合スポーツセンター 伊香保リンク

【結果】
◎総合部門


500m 1500m(QS) 5000m(QS) 10000m(QS) 総合
三輪 準也(経営・3年) 1位 1位 2位 6位 優勝
矢島 友喜(経営・2年) 13位 19位 10位 9位 12位
佐藤 裕斗(経営・3年) 23位 29位 9位

◎スプリント部門


500m1回目 500m2回目 1000m1回目 1000m2回目 総合
中村 隼人(経営・1年) 5位 4位 1位 2位 準優勝
阿部 啓吾(経営・1年) 6位 6位 28位 11位 10位
大槻 貴弘(法・4年) 36位 35位 27位


今後ともスケート部へのご声援よろしくお願いします。

miwa

総合部門優勝の三輪選手(写真提供:スポーツ法政新聞会)

hayato

スプリント部門準優勝の中村隼人選手(写真提供:スポーツ法政新聞会)