HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > スケート部 > ニュース > 2014/2015ジャパンカップスピードスケート競技会 第3戦 マススタートレースで三輪準也選手(経営学部3年)が2連勝、1000mで中村隼人選手(経営学部1年)が優勝


2014/2015ジャパンカップスピードスケート競技会 第3戦 マススタートレースで三輪準也選手が2連勝、1000mで中村隼人選手が優勝

2014年12月08日

2014/2015ジャパンカップスピードスケート競技会 第3戦の結果をお知らせします。
第2戦に続き、三輪準也選手(経営・3年)がマススタート(集団スタート)で優勝、
ジュニアワールドカップでも活躍した中村隼人選手(経営・1年)が1000mで優勝しました。

【日程】2014年12月6日(土)~7日(日)
【会場】富士急ハイランドセイコオーバル(山梨県)

【結果】
中村 隼人(経営・1年)
1000m     優勝
1500m(QS)  25位

大槻 貴弘(法・4年)
1000m     37位
1500m(QS)  37位
マススタート 17位

三輪 準也(経営・3年)
1500m(QS)   2位
5000m(QS)   5位
マススタート 優勝

佐藤 裕斗(経営・3年)
1500m(QS)  12位
5000m(QS)   18位
マススタート  5位

矢島 友喜(経営・2年)
1500m(QS)  11位
3000m(QS)   3位
マススタート  6位

今後ともスケート部へのご声援をよろしくお願いします。