HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > スケート部 > ニュース > 2013/2014ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦 中村選手が2種目制覇、三輪選手も1500mで優勝


2013/2014ジャパンカップスピードスケート競技会 第2戦 中村選手が2種目制覇、三輪選手も1500mで優勝

2013年11月25日

2013/2014ジャパンカップスピードスケート競技会第2戦の結果をお知らせいたします。
中村駿佑(経営・3年)選手が男子500mと1000mの2種目で優勝、三輪準也(経営・2年)が男子1500mで優勝しました。

【日程】2013年11月23日(土)~24日(日)
【会場】真駒内セキスイハイムスタジアム
【結果】
 中村 駿佑(経営・3年)
  男子500m  (1回目)  3位
  男子500m  (2回目)  3位
  男子500m 総合順位 1位
  男子1000m       1位
 藤野 裕人(文・2年)
  男子1000m         12位
  男子1500m(QS)       13位
 三輪 準也(経営・2年)
  男子1000m         4位
  男子1500m(QS)     1位
 佐藤 裕斗(経営・2年)
  男子1500m(QS)        11位
  男子5000m(QS)       13位
 大槻 貴弘(法・3年)
  男子1500m(QS)        19位
  男子5000m(QS)        29位

ジャパンカップ第3戦は11月30日~12月1日に開催されます。
また、中村選手と三輪選手は12月に開催されるユニバーシアード冬季競技大会(イタリア・トレンティーノ)日本代表に選出されており、活躍が期待されています。
今後とも熱いご声援をよろしくお願いします。