HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > スケート部 > ニュース > 女子日本アイスホッケーリーグで、本学スケート部員が活躍


女子日本アイスホッケーリーグで、本学スケート部員が活躍

2013年11月05日

9月から11月にかけて、第2回女子日本アイスホッケーリーグが開催されました。
本学スケート部の鈴木世奈選手(スポーツ健康・4年)、森井真衣選手(法・2年)、床亜矢可選手(スポーツ健康・1年)が所属する社会人アイスホッケーチーム『SEIBUプリンセスラビッツ』が、昨年に引き続きチャンピオンに輝きました。

【日程・会場・結果】
9月12日(木)~16日(月)   1次リーグ  苫小牧市白鳥アリーナ
 6-0 対 八戸レッズ
 12-0  対 帯広レディース
 11-0  対 苫小牧NEXUS 
 6-0 対 釧路ベアーズ
 2-1 対 フルタイムシステム御影グレッズ 

10月12日(土)~14日(月)   2次リーグ  釧路アイスアリーナ        
 2-0 対 Daishin
 2-0 対 フルタイムシステム御影グレッズ
 4-3 対 三星ダイトーペリグリン

11月1日(金)~3日(日)   ファイナルリーグ 帯広の森アイスアリーナ
 5-1 対 フルタイムシステム御影グレッズ
 4-3 対 三星ダイトーペリグリン
  
鈴木選手と床選手は、女子日本代表スマイルジャパンの一員でもあり、来年2月に開催されるソチ五輪での活躍が期待されています。
今後ともスケート部への熱いご声援をよろしくお願いいたします。

女子アイスホッケー部員