HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 水泳部 > ニュース > ユニバーシアード女子200メートル平泳ぎ決勝で本学学生が銅メダル


ユニバーシアード女子200メートル平泳ぎ決勝で本学学生が銅メダル

2013年07月15日

7月10日からロシアのカザンで行われている第27回ユニバーシアード競技大会の競泳のおいて、女子200メートル平泳ぎ決勝(14日)で、法政大学水泳部から出場している茂木美桜選手(人間環境学部2年)が3位の成績で入賞し、銅メダルを獲得しました。
また、松原颯選手(経済学部4年)も男子200m背泳ぎ決勝(15日)で4位の好成績(3位のの差はわずか0.49秒の僅差)。法政大学水泳部の世界レベルの実力を示しました。

なお、競泳での本学学生の主な記録は以下のとおりです。

女子200m平泳ぎ
決勝
茂木美桜(人間環境学部2年) 2:25.73 3位
準決勝
茂木美桜(人間環境学部2年) 2:26.26 2位

男子200m背泳ぎ
決勝
松原颯(経済学部4年) 1:57.72 4位
準決勝
松原颯(経済学部4年) 1:58.80 5位

銅メダルを獲得した茂木美桜選手(左)とコーチとして選手団に参加している八塚明憲水泳部監督(右)

銅メダルを獲得した茂木美桜選手と(左)、コーチとして選手団に参加している八塚明憲水泳部監督(右)