HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 自転車競技部 > ニュース > 第22回日韓対抗学生自転車競技大会 青野選手、荒井選手が活躍


第22回日韓対抗学生自転車競技大会 青野選手、荒井選手が活躍

2016年11月09日

チームパーシュートメンバー

チームパーシュートのメンバーと都甲泰正監督(左から橋本選手、渡邊選手、都甲監督、青野選手、荒井選手)※写真提供:スポーツ法政新聞会

第22回日韓対抗学生自転車競技大会の結果をお知らせします。
本大会へは、選手として青野将大選手(法・4年)、荒井佑太選手(経営・3)の2名、日本代表監督として本学自転車競技部の都甲泰正監督が選出されました。

【日程】
2016年11月5日(土)~6日(日)
【会場】
ヤマダグリーンドーム前橋(群馬県)
【結果】
総合成績
1位 日本 81pt
2位 韓国 72pt

4km個人追い抜き
荒井 佑太 2位

ケイリン
青野 将大 5位

20kmポイントレース
荒井 佑太 1位
青野 将大 2位

チームパーシュート 1位
青野将大・荒井佑太・渡邊翔太郎(朝日大)・橋本壮史(中大)