HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2018年度 > 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)東京本部別館ホールで「法政大学 新技術説明会」が開催されました


国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)東京本部別館ホールで  「法政大学 新技術説明会」が開催されました

2019年03月14日

3月5日(火)、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)東京本部別館ホールで「法政大学 新技術説明会」が開催され、理工学部 教授 安田彰リエゾンオフィス長の開会挨拶に続き、以下4件の発表を行いました。

  1. 生命科学部 環境応用化学科 教授 明石孝也 「廃LED素子からの有価金属の噴流層式リサイクル装置の開発」
  2. 理工学部 創生科学科 教授 佐藤修一 「必ずOn-Axisで戻る3次元レトロリフレクタ」
  3. 生命科学部 生命機能学科 教授 山本兼由 「バイオプロセスを用いたレアメタル資源の確保」
  4. 理工学部 電気電子工学科 教授 山内潤治 「低屈曲損誘電体光導波路の開発・設計」

新技術説明会は、大学等の公的研究機関から創出された研究成果(特許)の実用化(技術移転)を目的に、新技術や産学連携に関心のある企業関係者に向け、研究者(発明者)が直接プレゼンを行う特許の説明会です。

当日は多くの参加者が熱心に説明に聞き入り、発表終了後、先生方と企業関係者との名刺交換が行われました。
また、産学連携コーディネーター同席の下、個別相談会も実施され、予定時間を超える活発な意見交換がなされました。
引き続きコーディネーターとの連携により、企業との共同研究、特許のライセンス(技術移転)を進めてまいります。

関連リンク

安田教授開会挨拶

安田教授開会挨拶

開会挨拶全景

開会挨拶全景

明石教授発表

明石教授発表

佐藤教授発表

佐藤教授発表

山本教授発表

山本教授発表

山内教授発表

山内教授発表