HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2018年度 > 第24回法政大学多摩CUPサッカー大会開催


第24回法政大学多摩CUPサッカー大会開催

2018年05月21日

毎年5月に開催されている「法政大学多摩CUPサッカー大会」の第25回大会が、今年も5月12日(土)、13日(日)の2日間わたって開催されました。

町田市、八王子市、相模原市の各サッカー協会から構成される「法政大学多摩CUPサッカー大会実行委員会」と法政大学との共催で実施しました。

本大会は多摩キャンパス開設10周年の記念事業として1994年に少年サッカー大会が開催されて以来、2000年からは少年少女のサッカー大会として毎年開催されています。

当日は、多摩キャンパス城山地区の体育施設を使用して、町田、八王子、相模原地区の小学生40チーム(少年32、少女8)約900人の選手が熱戦を繰り広げました。会場には選手の家族らが多数応援に訪れ、大いに賑わいました。

少年の部(小学4年生)は、好天に恵まれた1日目に8ブロックによるリーグ戦を行いました。2日目に各ブロックの1位通過8チームによる決勝トーナメントを行いました。午後2時過ぎに降りだした雨の中、八王子の「ARTE狭間」が「シルクロードSC」(八王子)を破り、優勝を飾りました。少女の部(小学1~6年生)は全14試合を行い、昨年度準優勝の八王子「南大沢FC」が「大沢フラワー」(相模原)を破り、優勝を飾りました。

雨が強くなったこともあり全体での閉会式は行わずテントの中で表彰式を行い、優勝した2チームに記念の盾および表彰状が手渡され、準優勝・3位・4位の各チームにも記念の盾、表彰状が贈呈されました。

少年の部優勝「ARTE狭間」

少年の部優勝「ARTE狭間」

少女の部優勝「南大沢FC」

少女の部優勝「南大沢FC」