HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2017年度 > 多摩キャンパス内循環用の大型バスが追加導入されました


多摩キャンパス内循環用の大型バスが追加導入されました

2018年01月24日

2017年12月26日(火)多摩キャンパス循環用の大型バスが納車され、2018年1月より使用を開始しました。

このバスは、多摩キャンパスの利便性向上のために法政大学後援会から寄贈されたもので、約80人の乗車(立席含む)が可能になっており、静粛性に優れ振動も少なく、従来のバスよりも乗り心地が向上しています。

また、ワンステップバスを採用しており、車内はノンステップバスに比べ段差が少ないため後方座席まで移動しやすく、混雑時の輸送や乗降時間の短縮に配慮しています。

なお、ワンステップバスではありますが、中扉に車いす乗降用の設備があるほか車いすの方が乗車する場所も確保されており、バリアフリーにも対応しています。

バスの外観

バスの外観

バス車内

バス車内