HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2017年度 > 2017年度ピアネット学生スタッフ合同研修会を開催しました


2017年度ピアネット学生スタッフ合同研修会を開催しました

2017年12月21日

12月2日(土)、市ケ谷キャンパス 外濠校舎3階 S307教室にて、「2017年度ピアネット学生スタッフ合同研修会」を開催しました。本学学生、教職員合わせて67名(学生56名、教職員11名)が参加しました。

ピアネットでは、学生スタッフに対して毎年1~2回の合同研修会を開催し、学生スタッフの成長を図るためのピアネットコンピテンシーを作成するなど、学生スタッフ間はもちろん、学生スタッフを抱える部局の教職員間の連携、情報共有を行っています。今回は、課外教養プログラムプロジェクト(KYOPRO)スタッフ、ボランティアセンター学生スタッフ(VSP・チームオレンジ)、ライブラリーサポーター、グローバルデイ実行委員、JLP学生スタッフ、学生FDスタッフ、学習ステーション学生スタッフの計8団体が研修に集いました。

2017年度ピアネット学生スタッフ合同研修会は、第1部に本学講師の三田地真実先生(星槎大学大学院教育実践研究科教授)の講演(グループワーク含む)、第2部にピアネット各団体の活動報告を行い、第3部では情報交換会を行いました。

第1部の講演では、三田地先生から「ファシリテーションについて」をテーマにお話をいただきました。「ファシリテーターってなにする人?」という基本的なことから説明があり、実際に動画視聴やグループワークを通して、参加者はファシリテーション定義や行動のキーワードなどを学びました。

第2部の各ピアネット団体の活動報告では、各参加団体の説明、1年間の総括、活動を通して学んだことについて、報告がありました。質疑応答では、活発な意見交換が交わされました。

第3部の情報交換会では、ユニットの枠を超えて交流するスタッフの姿が多く見られ、研修を通して、各ユニットや学生スタッフ全体の親睦が深まりました。最後には、各ピアネット団体の代表者から今後の抱負が語られ、互いに健闘を称えている様子が見受けられました。

参加した学生スタッフからは、「他団体の活動を知ることができて勉強になった」「他団体の学生スタッフと関われて良かった」「次年度の活動に向けて刺激を受けた」等の声が寄せられました。

今後も各々のユニットにおける活動はもちろんのこと、ピアネット全体としての活動も積極的に展開していきたいと考えております。 

開会挨拶をされるピアネット運営委員長 佐野 哲 先生

開会挨拶をされるピアネット運営委員長 佐野 哲 先生

講演をされる三田地 真実 先生

講演をされる三田地 真実 先生

講演会

講演会

グループワーク

グループワーク

各ピアネット団体による活動報告

各ピアネット団体による活動報告

情報交換会に参加した学生スタッフのみなさん

情報交換会に参加した学生スタッフのみなさん