HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2017年度 > ボランティアセンター学生スタッフが「学食で、東北を味わってみませんか?~復興支援メニュー~」を実施しました


ボランティアセンター学生スタッフが「学食で、東北を味わってみませんか?~復興支援メニュー~」を実施しました

2017年12月19日

ボランティアセンターの学生スタッフであるチーム・オレンジが、法政大学生活協同組合に協力を頂き11月20日(月)~ 11月24日(金)の期間、富士見坂校舎食堂(市ケ谷)、東館食堂(小金井)、6号館食堂(多摩)の3キャンパスにて東北復興支援メニューを提供しました。

身近な学食と連携し、東北にちなんだ料理を提供し、日常生活の中で震災についてもう一度考えるきっかけを作りたいという思いで企画をしました。
チーム・オレンジのメンバーは生協とミーティングや試食会を実施して「十和田バラ焼き丼(青森県)」410円、「芋煮うどん(山形)」432円の2種類のメニューを考案しました。どちらも好評で、市ヶ谷キャンパスではこれらのメニューが期間中に461名の方々に購入して頂けました。

今後もボランティアセンターでは震災の風化防止の一助となるような取り組みを行っていきます。

試食会を実施しメニューの検討をおこなう

試食会を実施しメニューの検討をおこなう

十和田バラ焼き丼

十和田バラ焼き丼

期間中にビラを配布し広報活動をおこなう

期間中にビラを配布し広報活動をおこなう

芋煮うどん

芋煮うどん