HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2017年度 > 2017 Hosei Summer English Camp(イングリッシュ・キャンプ)を開催しました


2017 Hosei Summer English Camp(イングリッシュ・キャンプ)を開催しました

2017年09月11日

2017年8月24日(木)~26日(土)、多摩キャンパスの百周年記念館において、法政大学の付属校である法政高校、第二高校、女子高校に在籍する高校生を対象に、「2017 Hosei Summer English Camp(イングリッシュ・キャンプ)」を開催しました。

このプログラムは、2016年度から「スーパーグローバル大学創成支援」事業の一環で、大学(高大連携企画委員会)が付属校と連携して企画・実施しているものです。「私にとってのグローバル化、私がのぞむグローバル化を考えよう」というテーマで、英語でのワークショップ活動を通して、①英語マインド、②国際感覚、③チームワーク力を養成することを目的としています。 

今年は募集定員30人に対し約100人の申し込みがあり、抽選により参加者が選ばれました。講師は、日本の大学で学ぶ外国人留学生のリーダー5人とファシリテーター2人が努め、これに法政大学の派遣留学生5人が高校生の学習サポート役として協力しました。

生徒の激励に訪れた廣瀬克哉教育支援本部担当常務理事(統括)より開会挨拶があり、プログラムがスタートしました。生徒たちはいくつかのワークショップなどを体験しながら日本と異国の文化の違いについてグループ内で意見交換を行い、目的達成に向けて取り組んでいました。

最終日には生徒の保護者の方々も来場していただき、生徒の行動計画についてのグループ・プレゼンテーションを観覧しました。そして修了式では、全員に留学生リーダーから参加証が手渡され、最後に本学の北詰昌敬総長室付付属校連携室担当常務理事から閉会の挨拶の後、修了証が一人ひとりに手渡されて3日間のプログラムが終了しました。

生徒たちは、留学生リーダーや派遣留学生から実践的な英語の指導に奮闘する一方で、自然豊かな大学キャンパスの雰囲気のなかで、時にはクイズやゲーム、ダンス、バーベキューなどの「充電」をしながら、密度の濃い充実した夏休みを満喫していました。解散時、留学生や新たな友人たちと写真やアドレスを交換しながら笑顔でそれぞれの帰路に就いていきました。イングリッシュ・キャンプでの経験を通じて、今後のグローバル社会での活躍が期待されます。

廣瀬常務理事より開会挨拶

廣瀬常務理事より開会挨拶

Communication Bridge作成中

Communication Bridge作成中

Ideal Flag発表

Ideal Flag発表

留学生プレゼンテーション

留学生プレゼンテーション

バーベキュー交流

バーベキュー交流

キャンパス散策

キャンパス散策

北詰常務理事より修了証交付

北詰常務理事より修了証交付

集合写真

集合写真