HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2016年度 > 2016年度「総長杯 英語プレゼンテーション大会」を開催しました


2016年度「総長杯 英語プレゼンテーション大会」を開催しました

2017年03月13日

「スーパーグローバル大学創成支援事業」の一環として、2017年2月25日(土)、本学市ケ谷キャンパスのスカイホールにおいて、「総長杯 英語プレゼンテーション大会」を開催しました。

本学の三つの付属校(法政大学高校、法政大学第二高校、法政大学女子高校)の3年生を対象として、昨年12月より募集を行ったところ、6組15名の応募がありました。大会当日は大学・付属校の関係者、出場者の家族や友人の方々など約100名の来場者が集い、田中優子総長による開催挨拶および佐藤良一教育支援本部担当常務理事の開会宣言により開幕しました。

15名の出場者は、「法政大学憲章」の一節にある「世界のどこでも生き抜く力~The ability to live anywhere in the world~」というメインテーマに基づき、各自が英語でサブテーマを設定し8分間のスピーチを考え、プレゼン方法やジェスチャーなどの練習を積み重ねて大会に臨みました。


審査の結果、最優秀賞(法政大学総長賞)の組には田中総長から賞状、カップ、メダルおよび副賞が贈られました。表彰式では福田好朗教授・審査員長(副学長・グローバル教育センター長)から、労いの言葉と質の高いプレゼン内容を称える講評をいただき、最後に北詰昌敬付属校連携室担当理事の挨拶で閉会しました。


また本学学生によるSA留学先での体験報告や韓国人留学生が日本留学で感じた異文化体験を紹介し、フロアからの質問に答えながら異文化の理解を深める異文化体験報告会も行われました。

出場された一人ひとりが、この英語プレゼンテーション大会の経験をこれからの大学生活やグローバル社会において活かしさらに飛躍されることが期待されます。

総長杯 英語プレゼンテーション大会 入賞者

最優秀賞(法政大学総長賞)
法政大学女子高校3年  平岡希美、松枝芙紀、岩沢有里子
テーマ:Global Communication

優秀賞
法政大学第二高校3年  内山舜介、藤野大樹、長沼正樹
テーマ:The Need of Flexibility

特別審査員賞
法政大学第二高校3年  角瀬信志、布施望
テーマ:Where there’s a will, there's a way

田中総長 開会挨拶

田中総長 開会挨拶

佐藤常務理事 開催宣言

佐藤常務理事 開催宣言

最優秀賞(総長賞)のプレゼンテーション

最優秀賞(総長賞)のプレゼンテーション

質疑応答の様子

質疑応答の様子

福田副学長 講評

福田副学長 講評

出場者と審査員の皆さんで記念撮影

出場者と審査員の皆さんで記念撮影