HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2015年度 > アグリビジネス創出フェア2015に出展しました


アグリビジネス創出フェア2015に出展しました

2015年12月15日

11月18日(水)~11月20日(金)にわたり、東京ビッグサイトにおいて「アグリビジネス創出フェア2015」(主催:農林水産省)が開催されました。

今回初出展となる法政大学は、生命科学部応用植物科学科 鍵和田 聡専任講師、理工学部応用情報工学科 彌冨 仁准教授が、農作物の葉などを撮影するだけで、対象が病気にかかっているのか、健全状態なのかを瞬時に自動判定するシステム(特許出願中)を出展しました。

ブースには3日間を通して400名を超える来場者があり、本技術への注目度の高さが伺えました。
なお、初日18日には新ウイルス防御技術関連のマッチングサポートツアーで植物病の画像による自動診断システムを紹介しました。本学出展者およびコーディネーターの説明に参加者が熱心に聞き入る様子が印象的でした。

出展者

・生命科学部 応用植物科学科 専任講師 鍵和田 聡
 テーマ:「植物病自動診断システム
        ~葉の画像を用いて植物の病気を自動診断するシステムを紹介します~」

関連ニュース

企業・研究所など多岐にわたる分野の方が来訪されました

企業・研究所など多岐にわたる分野の方が来訪されました

鍵和田専任講師の説明に熱心に聞き入る来場者

鍵和田専任講師の説明に熱心に聞き入る来場者

マッチングサポートツアーでは多くの方々がブースに立ち寄られました

マッチングサポートツアーでは多くの方々がブースに立ち寄られました

デモを交えながらの説明に質問も活発に

デモを交えながらの説明に質問も活発に

取材に対し対応中の彌冨准教授

取材に対し対応中の彌冨准教授

最終日、満面の笑顔で集合写真

最終日、満面の笑顔で集合写真