HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2015年度 > 2015年度ワンデー・サイエンス・カレッジ in 法政小金井キャンパスを開催しました


2015年度ワンデー・サイエンス・カレッジ in 法政小金井キャンパスを開催しました

2015年10月16日

8月28日(金)に、法政大学小金井キャンパスにおいて、 ワンデー・サイエンス・カレッジが開催されました。

このイベントは、高校生を対象として、情報科学部、理工学部、生命科学部の教員が実験・実習・講義を行う理科体験授業で、昨年はじめて開催されました。

当日は、81人の高校生が、6プログラムの中から1プログラムを受講し、修了後には1人ひとりに未来博士号が授与されました。

一部講義内容

オリエンテーションでは雪田実行委員長の挨拶に続き、プログラムを担当する6名の教員が紹介されました

オリエンテーションでは雪田実行委員長の挨拶に続き、プログラムを担当する6名の教員が紹介されました

「ビッグデータとデータサイエンス」<br />ビッグデータをどのようにしたら社会に役立つようにできるのか、統計モデルを実習で学びました

「ビッグデータとデータサイエンス」
ビッグデータをどのようにしたら社会に役立つようにできるのか、統計モデルを実習で学びました

「飛行機の操縦をしてみよう」<br />基本となる航空力学を学んだのちに、シミュレータにより羽田空港の離・着陸を体験しました

「飛行機の操縦をしてみよう」
基本となる航空力学を学んだのちに、シミュレータにより羽田空港の離・着陸を体験しました

「数列が表わす現象」<br />高校では2年から習う「数列」ですが、今回は1年でも判るような導入から始まりました

「数列が表わす現象」
高校では2年から習う「数列」ですが、今回は1年でも判るような導入から始まりました

「植物の健康を守る-植物の病気を見てみよう」<br />光学顕微鏡や蛍光顕微鏡を用いて、植物に感染している病原菌を検出しました。

「植物の健康を守る-植物の病気を見てみよう」
光学顕微鏡や蛍光顕微鏡を用いて、植物に感染している病原菌を検出しました。

参加した高校生からは「大学生(アシスタント)が優しく丁寧に助けてくれた」と感想をいただきました

参加した高校生からは「大学生(アシスタント)が優しく丁寧に助けてくれた」と感想をいただきました

各プログラムの担当教員から1人ひとりに未来博士号(プログラム修了証)が授与されました

各プログラムの担当教員から1人ひとりに未来博士号(プログラム修了証)が授与されました

集合写真

集合写真