HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2014年度 > 「法政大学付属校合同説明会2014」を初開催


「法政大学付属校合同説明会2014」を初開催

2014年07月04日

6月29日(日)、法政大学付属校合同説明会2014を市ケ谷キャンパス外濠校舎薩埵ホールで開催しました。

法政大学中学高等学校、法政大学第二中・高等学校、法政大学女子高等学校の受験生やその保護者、塾関係者を中心に多くの方々がご来場されました。

当説明会は、「付属校に進学した先の未来を描いてもらう」ことをテーマとしており、法政大学と法政大学中学高等学校、法政大学第二中・高等学校、法政大学女子高等学校の3つの付属校が協力して行う本学初の取り組みになります。

北詰昌敬理事(総長室付付属校連携室担当理事)の開会の挨拶後、最初のプログラムでは、本学尾木直樹教授から、「これからの学校と教育」というテーマのもと講演が行われました。尾木教授は、これからの時代における学校教育のあるべき姿について語るとともに、講演冒頭では自身の本学における教育経験にもとづき、「付属校生の良さ」に触れました。

続くプログラムでは、法政大学付属校及び法政大学を卒業し、社会人として活躍されている卒業生3名にご登壇いただき、本学田中優子総長と、「法政大学とはどのような場所か」というキーワードにもとづき、ダイアローグを行いました。「総長と各付属校卒業生によるダイアローグ」を通じて、法政大学や各付属校の特色、また「自由と進歩」という理念のもと法政全体に根付く「法政らしさ」について、来場者の方々に感じ取っていただきました。その後各付属校校長による学校説明が行われ、法政大学付属校合同説明会2014は閉会となりました。

参加した方々からは、「付属校だけでなく、その先にある大学の取り組みがわかって良かった」「普段大学までイメージできる機会がないので今回の説明会は有意義だった」「中高大を通して自主性を重んじる等スクールカラーがわかって良かった」 等好意的な意見を多数いただきました。

北詰昌敬理事(法政大学第二中・高等学校校長)による開会の挨拶

北詰昌敬理事(法政大学第二中・高等学校校長)による開会の挨拶

尾木教授による講演

尾木教授による講演

総長と各付属校卒業生によるダイアローグの様子

総長と各付属校卒業生によるダイアローグの様子

田中優子総長

田中優子総長

飯田亮三校長(法政大学中学高等学校)

飯田亮三校長(法政大学中学高等学校)

和仁達郎校長(法政大学女子高等学校)

和仁達郎校長(法政大学女子高等学校)

たくさんの方にご来場いただきました

たくさんの方にご来場いただきました

法政大学付属校合同説明会 開催記念パンフレット

法政大学付属校合同説明会 開催記念パンフレット