HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2013年度 > 「よしもと式スキルアップ講座」を実施しました


「よしもと式スキルアップ講座」を実施しました

2013年11月26日

市ケ谷キャンパスと多摩キャンパスで、学生センター・課外教養プログラム「よしもと式コミュニケーションスキル育成講座」(10/10)、「よしもと式ミーティング力UP講座」(10/24)を実施しました。

前者は昨年も大好評のプログラムで、あらゆる場面で求められる「コミュニケーション」を身につけようと企画したものです。講師には「5分間に1400万円を売る女」の異名を持つ、大原鶴美氏(株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー、よしもとクリエイティブカレッジ講師、日本コミュニケーションスキルアカデミー副理事長)をお招きしました。まず、より良いコミュニケーションの理論を学び、「商品を売り込む」をテーマに実践(プレゼン)を行いました。

後者は、効果的なミーティング手法を学び、ゼミやサークルなどで日常的に行われるミーティングに活かしてもらおうと企画しました。講師には河内俊昭氏(株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー、マネジメントセクションセンター長、スクールセクション、よしもとクリエイティブカレッジ・プロデューサー)をお招きしました。まず、ミーティングの形態と目的、事前準備など基礎知識を学び、グループワークとして、実際の会議でも行われるブレーンストーミングを行いました。「芸人のコンビ名を考える」をテーマに、限られた時間の中でブレストを行い、各グループで個性的な発表がされました。

両プログラムで、参加した学生間で活発な話し合いがされました。私たちKYOPROも、これからも学生同士が積極的に交流できる企画を作っていきたいと思います。また、参加学生は「学ぶ」にとどめることなく、必要に応じて「実践」していくことを期待しています。

【報告・KYOPROスタッフ】佐々木悠(生命科学部・環境応用化学科4年、小金井リーダー)

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8