HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2013年度 > 「第1回地域交流ひろば―地域を知る。そして、自分をみがく。―」開催しました


「第1回地域交流ひろば―地域を知る。そして、自分をみがく。―」開催しました

2013年07月08日

多摩地域交流センターでは、2013年6月25日(火)に「第1回地域交流ひろば―地域を知る。そして、自分をみがく。―」を開催し、様々な地域活動に取り組んでいる学生・地域住民・教職員の参加があり、盛況に終わりました。

「地域交流ひろば」は、学内外の人たちとの出会いの場として企画しました。この場をネットワークの拡大、既存活動のブラッシュアップ、新規活動のきっかけづくりに活用してもらいたいと思っています。

当日は、第1回の開催ということで参加者に地域連携・交流について少しでも理解してもらうために有田洋人コーディネーターがかつてコーディネートした事業や他の大学の事例について解説をしてから、多摩地域交流センターの開設の経緯、ミッション、役割、機能、今後の展開などについての説明やスタッフ紹介をしました。その後、参加者とそれぞれの現在の活動やこれからしてみたい活動などについて意見交換や情報交換をしました。これまでこのような機会がなかったこともあり、もっとお互いの話を聞きたいとその場で急遽、日程調整をして7月1日(月)に第2回の地域交流ひろばを開催することになりました。また、参加者からは学内にもっと多摩地域交流センターの存在を知ってもらうべきではないかという意見が出て、これからのセンター運営に反映できる現場からの貴重な意見をいただけました。

今後、多くの学生・教員・学外のみなさんが、本センターを拠点にさまざまな地域交流・異分野交流の場を創出して欲しいと考えていますが、その機会の1つとして、「地域交流ひろば」に積極的に参加してもらえればと考えています。秋以降、「地域交流ひろば」はゲストスピーカーをお招きして様々な分野の話題提供をしてもらう予定にしています。学内外からの積極的な参加をお待ちしています。

趣旨説明をする小野木主任

趣旨説明をする小野木主任

平塚センター長による挨拶

平塚センター長による挨拶

話題提供をする有田コーディネーター

話題提供をする有田コーディネーター

意見交換

意見交換

意見交換

意見交換