HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2012年度 > 「第8回法政大学総長杯争奪全日本学生英語弁論大会」で優勝した山本祐人さん(国際文化学部3年)が表敬訪問


「第8回法政大学総長杯争奪全日本学生英語弁論大会」で優勝した山本祐人さん(国際文化学部3年)が表敬訪問

2012年12月25日

11月17日(土)に市ケ谷キャンパス富士見坂校舎のステラビア・ホールで開催された「第8回法政大学総長杯争奪全日本学生英語弁論大会」で、国際文化学部3年の山本祐人さん(英語研究会=ESS所属)が見事優勝し、法政大学英語研究会同窓会副会長の吉田信正元本学理事とともに増田壽男総長を表敬訪問しました。

英語のスピーチ大会には、大学や地方自治体の長の名を冠した全国レベルの大会がいくつかあります。そのうちのひとつである「法政大学総長杯」は2004年創設の比較的新しい大会ですが、年々、英語を学ぶ学生の認知度も高まり、今年は全国から47名の学生の応募がありました。大会は予選を勝ち抜いた10名で争われましたが、この大会はプレゼンテーション力や英語力以外にも、内容に関する英語での質疑応答もある厳しいものです。そのような中、山本さんは並みいる強豪をおさえ、優勝という栄冠を手にしました。

なお、山本さんは、平成25年度派遣留学生として来年UCデービスに留学予定とのこと。今後の活躍を期待したいと思います。

左から、吉田元理事、増田総長、山本さん、宮脇典彦総長室長(経済学部教授)

左から、吉田元理事、増田総長、山本さん、宮脇典彦総長室長(経済学部教授)

総長杯でのエピソードの他、英語の魅力と将来の展望についても熱く語った山本さん

総長杯でのエピソードの他、英語の魅力と将来の展望についても熱く語った山本さん