HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2012年度 > 寄付講座「チェーンストア経営論」開講【イノベーション・マネジメント研究センター】


寄付講座「チェーンストア経営論」開講【イノベーション・マネジメント研究センター】

2012年05月18日

イノベーション・マネジメント研究センターは2012年度前期、経営学部の2年生から4年生を対象にした寄付講座「チェーンストア経営論」(金曜日2限目)を開講しました。本講座は、2009年に同研究センターのデポジット・ライブラリー(保存図書館)拡充のため設置された法政大学「流通産業ライブラリー」協議会の自主企画・運営によるもので、経営学部では付置研究所による初めての試みです。「流通産業ライブラリー」設立に際して寄せられた寄付金(LU募金)を基に、日本チェーンストア協会、新日本スーパーマーケット協会、日本フードサービス協会、日本リテイリングセンターの協力を得て、イオン、セブン&アイ・ホールディングス、ニトリ、日本ケンタッキー・フライド・チキンなど11社の役員・部長が外部講師として講義します。
写真は4月20日、担当の矢作敏行同研究センター所員(教授)の司会で「小売業態戦略」について講義するイオン戦略部の古澤康之部長で、約150人の学生が熱心に講義を受け、活発な議論が交わされました。

寄付講座「チェーンストア経営論」開講【イノベーション・マネジメント研究センター】
寄付講座「チェーンストア経営論」開講【イノベーション・マネジメント研究センター】