HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2011年度 > 第3回 経済学部 学生研究報告大会が行われました


第3回 経済学部 学生研究報告大会が行われました

2011年11月25日

撮影場所/多摩キャンパス

10月21日(金)、多摩キャンパス経済学部棟にて、経済学部(経済学部学会)が主催する第3回学生研究報告大会が開催されました。 経済学部では、学生による日頃の研究活動の成果発表の場として同大会を開催しています。今年度は「経済理論」、「経済政策」、「環境経済」、「国際経済」、「ビジネス」、「文化・社会」という6つのジャンルに分かれ、35の個人やゼミを中心とするグループによる報告が行われました。報告された研究論文は、経済学部生に経済学部HPからダウンロード可能となっています。
各会場では学生会のボランティアによる司会・運営のもと、教授陣と大学院生がコメンテーターとして参加し、学会報告さながらの緊張感があふれました。また、フロアからの質問もあり、時間を超過するセッションが続出するなど、活発な質疑応答が行われました。日頃なかなか触れる機会のない、他ゼミの学生の研究報告を聞くことで、学生たちは大いに刺激を受けていたようです。
経済学部では、12月にコンテスト形式のプレゼン大会も開催する予定であり、さらなる学生の活躍が期待されます。

学生会によりプログラムポスターが作成されました

学生会によりプログラムポスターが作成されました

英語による報告も行われました

英語による報告も行われました

経済データを用いた質の高い研究が報告されました

経済データを用いた質の高い研究が報告されました

運営にあたった学生会ボランティアの代表者に学部長・執行部から感謝の言葉と記念品が贈られました

運営にあたった学生会ボランティアの代表者に学部長・執行部から感謝の言葉と記念品が贈られました