HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2011年度 > 全国最年少の市長・鈴木直道夕張市長が特別講義


全国最年少の市長・鈴木直道夕張市長が特別講義

2011年11月18日

撮影場所/市ケ谷キャンパス

11月1日(火)、市ケ谷キャンパスの薩埵(さった)ホールにて、「法政学への招待」の特別講義「卒業生からのエール 鈴木直道 夕張市長 講演」が行われました。
受講生以外にも公開された特別講義では、おそよ270人の学生、教職員を前に鈴木市長が、ご自身生い立ちから、在学時代の思い出、都庁から夕張市への派遣、そして選挙戦出馬までの経緯を熱く語ってくださいました。
講義の後段では、全国唯一の財政再生団体である夕張市が置かれた厳しい現状と、改善へ向けての様々な新しい施策が紹介され、地方自治を学ぶ学生はもちろん、全国最年少市長の「苦しい時にこそ、がんばる人は輝く」という言葉には多くの参加学生が刺激を受けたのではないでしょうか。

講義終了後、会場に残っていた学生の中には、鈴木市長の名刺を頂いたり、市長を囲んでの記念撮影に参加出来たりした学生もいて、それぞれよい記念になったようです。

また、学生からの熱心な質問にも最後まで丁寧に答えていただき、非常に内容の濃い特別講義となりました。

自校教育科目「法政学への招待」


講義をする鈴木市長

講義をする鈴木市長

講義の様子

講義の様子

講義後も熱心な質問が寄せられました

講義後も熱心な質問が寄せられました

鈴木市長を囲んでの集合写真