HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2011年度 > 経営大学院イノマネ研究科の栗野さん(2年)・栗原さん(11卒)・並木さん(11卒)の著書『28歳の仕事術』が話題


経営大学院イノマネ研究科の栗野さん(2年)・栗原さん(11卒)・並木さん(11卒)の著書『28歳の仕事術』が話題

2011年11月02日

撮影場所/市ケ谷キャンパス

本学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科(以下、IM)の2年生の栗野俊太郎氏と、卒業生である栗原啓悟氏、並木将央氏の3名が8月2日、同研究科の小川孔輔教授監修の下、『28歳の仕事術』(日本経済新聞出版社)を共著・出版しました。同書は、玩具メーカーに勤める主人公(28歳)が突然、新製品開発を任され、奮闘しながらもチームリーダーとしてプロジェクトを成功に導いていくストーリー。机上の空論ではなく、仕事上必要なフレームワークや仕事の段取りなど実践的なハウツーが盛り込まれているとあって、主人公の同世代である20代後半のビジネスパーソンから特に支持を集め、8/21週時にはブックファーストルミネ新宿1店で売上1位を獲得し、9月末現在も各書店でランキング上位を占めています。

「IMでの学びが出版につながった」と話すのは栗野さん。「他のビジネススクールが最終目標を論文作成としているのに対し、IMは新規事業開発。実践的な内容に仕上げられたことが、出版社にも読者にも評価して頂けたのではないかと感じています」と言います。また、並木さんは「出版社に提案する前からリアルとバーチャル、つまり店舗販売とネット販売の長期的戦略も立てていました」と出版経緯を披露。Facebookにおけるファンは10月中旬、1000人を突破したそうです。栗原さんは「監修してくださった小川先生にはマネジメント観点でのアドバイスに加え、学部ゼミでこの本をテキストとして使用してくださったことで良いヒントを頂きました。学部生からも“就職活動にも役立った”と嬉しい反応を得られたんですよ」とコメント。「タイトルからは年齢層を限定したつくりになってしまっていますが、就職を控えた学生やプレゼン力を上げたい新社会人から、管理職に就いている50代のビジネスパーソン、退職後に事業を起こしたい熟年起業家まで、幅広い方に役立てて頂けると思います」と3人は読者にメッセージを送ります。

【書籍概要】
■タイトル:『28歳の仕事術』
■出版社 :日本経済新聞出版社
■発売日 :2011/08/02
■公式HP:http://28job.jp/

(写真左から)他大学で同書の講演会を行う予定の栗野さん、同書を後輩の育成に活用している栗原さん、同書出版により仕事の依頼が増えたという(株)ロードフロンティア代表取締役社長の並木さん

(写真左から)他大学で同書の講演会を行う予定の栗野さん、同書を後輩の育成に活用している栗原さん、同書出版により仕事の依頼が増えたという(株)ロードフロンティア代表取締役社長の並木さん

見開きページのマトリックスにより、一目でマネジメント戦略の良い例・悪い例を判断できることも特徴

見開きページのマトリックスにより、一目でマネジメント戦略の良い例・悪い例を判断できることも特徴

ブックファーストルミネ新宿1店で1位を獲得した時の様子

ブックファーストルミネ新宿1店で1位を獲得した時の様子

販売戦略においては、独自のPOPも使用

販売戦略においては、独自のPOPも使用