HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2010年度 > 経営学部小川ゼミの学生がフィールドワーク最終発表会を行いました


経営学部小川ゼミの学生がフィールドワーク最終発表会を行いました

2011年02月18日

・撮影場所/市ケ谷キャンパス

小川教授の挨拶

小川教授の挨拶

多様な視点からマーケティングを学ぶ経営学部の小川孔輔ゼミナールでは、マーケティングの知識とプレゼンテーション能力を身に付ける「フィールドワーク研究」を実施しています。これは、各企業の協力を頂きながら、テーマ立案・リサーチ、分析、改善提案・新戦略立案を行うもので、今年度はゼミ生が4つのチームに分かれ、10ケ月間にわたり、真剣に取り組んできました。

カフェ ano班

カフェ ano班

2月10日(木)、その成果の最終発表会が行われました。チェコ料理レストラン「カフェano」班はディナー開発、メニュー表作成、ぐるなびクーポン制作を手掛け、売上アップに貢献。神戸コロッケで有名な「ロックフィールド」班は、ずばり「神戸コロッケ」という名称の商品がなかったことから既存商品を「神戸コロッケ」として販売することとし、実際に店頭で販売されました。また、ヤングカジュアル婦人服を手掛ける「ハニーズ」班は、ネット調査も活用して、来店客の滞留率を高める店舗環境の改善等を提案しました。ホームセンターチェーンの「カインズ」班では、女性ドライバーをターゲットとした商品を提案。ドラインビングシューズや芳香剤など実際に商品化が進む事例が試作品とともに発表されました。発表会では、参加頂いた各協力企業の方にも温かい労いと激励の言葉をかけていただきました。

小川ゼミでは、毎年「フィールドワーク研究」を行っており、学生が全力で企業の方と本格的に取り組みことが出来る大変有意義な経験となっています。

ロックフィールド班  ハニーズ班 
 ロックフィールド班  ハニーズ班
 カインズ班  最終発表会の様子
 カインズ班  最終発表会の様子