経営学部 > ニュース > トピックス > 小川孔輔ゼミがナチュラルローソンとコラボ商品を開発しました

小川孔輔ゼミがナチュラルローソンとコラボ商品を開発しました

2019年01月21日

経営学部小川孔輔ゼミが、株式会社ローソンが展開するコンビニエンスストア「NATURAL LAWSON(ナチュラルローソン)」と共に企画した、「HOT VEGETABOWL 牛タンシチュー風ホットサラダ」を1月22日(火)から販売いたします。 

冬にサラダが売れないという課題を解決するためホットサラダという新ジャンルのサラダを提案したのは、マーケティングを学んでいる小川孔輔ゼミ生7名です。

商品開発にあたり、サラダ独特の食感と味のバランスを特に意識しました。どうしても温めてしまうとレタスなどのシャキシャキとした食感が失われてしまうため、葉の大きさや加熱の時間を工夫して食感を残すことに努めました。味のバランスとしては、フルーツやナッツなどたくさんの栄養価の高い食べ物の味をまとめるため、チーズをトッピングし、まろやかな味わいを意識し、高級感のある牛タンを使用し、具材にもこだわった牛タンシチュー風サラダというリッチな商品となっております。

満腹感と栄養素を兼ね備えた冬にぴったりホットベジタボウルを是非お試しください!

学生とのサラダ開発に関するナチュラルローソン公式ブログは以下のリンクからご確認いただくことができます。http://www.lawson.co.jp/lab/natural/art/1360892_5111.html

 

本プロジェクトに参加した小川孔輔ゼミの学生

企業と共同開発した「HOT VEGETABOWL 牛タンシチュー風ホットサラダ」