経営学部に合格されたみなさんへ

2017年02月13日

経営学部長

法政大学経営学部にようこそ

合格おめでとうございます。
合格された皆さまお一人おひとりに、法政大学経営学部のメンバー一同、心よりお祝い申し上げます。受験生を温かく見守り、支えてくださったご家族の皆さまにもお慶び申し上げます。

みなさんは今、長く、苦しい受験生活を終え、「合格通知」を手にしてホッとしていることと思います。そして、4月から始まる大学生活にあれこれ思いをめぐらせ、期待に胸をふくらませているのではないでしょうか。一方で、未知の世界に不安を感じているかもしれませんね。そんな期待や不安に関連して、いくつかのことをお話ししておきたいと思います。

まず、大学での勉強についてです。大学では自分が興味を持った科目を選択して学べる自由度が大きくなります。例えば、経営学部には経営学科、経営戦略学科、市場経営学科の3学科がありますが、自分が所属する学科の講義はもちろんのこと、他学科の講義やゼミも自由に取れます。専門性を究めたいなら、自学科の講義を中心にスペシャリストを目指せばいいですし、今はまだ特定に分野に絞らずに経営学全般を広く学び、ゼネラリストを志向するというのであれば、3学科の科目を組合せて選択すればよいのです。特に、1,2年次に取る専門基礎科目は各学科共通ですから、それらを学ぶ中で、気持ちを固めれば大丈夫です。

GBP

海外留学や英語力を高める機会も増えます。経営学部独自のプログラム「スタディ・アブロード(短期留学)」に参加した学生は、「自分の可能性を広げ、人生を豊かにする確信を持てた」、「現地の文化や生活から毎日刺激を受けた」、「今までどれほど“受け身”であったか実感できた」、「自分の考えを周りに伝える力を身に付けるができた」等々、口々にその成果を語っています。さらに、2016年9月に英語学位課程「グローバルビジネスプログラム」(Global Business Program: GBP)が開設されました。ここでは、主に日本の経営に関心を持つ留学生を対象として英語による経営学の授業が行われていますが、みなさんもその大半の授業を履修できます。一定の英語力が要件となりますが、是非チャレンジして下さい。

http://gbp.hosei.ac.jp/

インターンシップ

少し先の話になりますが、「就職」について不安を感じている方もいると思います。就職活動の第一歩は、自分が打ち込める何かを見つけ、有意義な大学生活を送ることだと思いますが、1、2年生のうちから就職について考える機会を持つことも大切です。経営学部には「働く」ことを身近に感じ、体験できる「インターンシップ(企業研修)」や就職やキャリアについて考える「キャリア・マネジメント」という科目もあります。大学のキャリアセンターが行っているインターシップや各種講座なども活用して、早い時期から就職に対する意識を高めてほしいと思います。

さらに、3大国家資格の一つと言われる「公認会計士」を目指している人もいるでしょう。毎年経営学部では数名が現役で合格しています。もちろん、本人のたゆまぬ努力が必要なのは言うまでもありませんが、そんな難関を突破できるよう、経営学部が中心となって高度会計人材育成センターの「会計専門職講座」を開講し、専属講師とOB・OGの会計士が指導にあたっています。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

経営学部Facebook

ここまでの話を読んで不安は消えたでしょうか。夢が広がったり、期待で胸がふくらんだりしたのであれば、何よりです。

法政大学経営学部は、1959年、日本の大学では3番目の経営学部として設立された歴史と伝統を持っています。一方で、1992年の夜間社会人向けMBAコースの開始、2003年の学部3学科体制への移行、2016年の英語学位プログラムのスタートなど、他大学に先駆けて多くの改革を行ってきました。これはまさに法政大学の校歌に謳われている「進取の気象」に他なりません。みなさんも是非、こうした環境の下で学び、巣立っていった多くの優秀なOB・OGの皆さんに続いてください。

なお、経営学部では、Facebookページを通じてさまざまな情報を発信しています。先輩たちの学生生活を垣間見ることができますので、ぜひ以下のページも閲覧してみてください。

https://www.facebook.com/HoseiKeiei/


では、桜が満開の4月、市ヶ谷キャンパスでお会いしましょう。
経営学部の教職員、在校生一同、みなさんとお会いするのを心待ちにしています。
みなさんの4年間の大学生活が充実したものになるよう、全力でサポートします。
法政大学経営学部は「やりたいことができる!」学部です。
どうぞ、チャレンジ精神を持って何にでも挑戦してみてください。
そして、大学生活をエンジョイしてください。

2017年2月10日

経営学部長 奥西 好夫