法政大学環境センター > ニュース > 「Early Summer Campaign ~この夏、えこぴょんはスターになります~」を実施します。

「Early Summer Campaign ~この夏、えこぴょんはスターになります~」を実施します。

 毎年6月5日は国連では「世界環境デー」、日本では「環境の日」と定められています。六月の「環境月間」には、全国において地球環境問題に取り組む必要性を認識するきっかけとなるような行事を実施しております。

 環境センターは、環境月間特別企画として、ホテルの燃料電池向けに使用済プラスチック由来低炭素水素の供給を開始、日本最大級のケミカルリサイクル施設を有する「昭和電工(株)川崎事業所エコツアー」や「えこぴょんのこだわり」を紹介して環境配慮型の行動を推奨する「Early Summer Campaign」を実施します。

 「昭和電工(株)川崎事業所エコツアー」は、定員に若干余裕(2018年6月8日現在)がございますので参加を検討されている方はお早めに環境センターにお問い合わせください。

 キャンパスにおいては、教育研究活動及び大学生活における一つ一つの行動の積み重ねが地球環境問題に影響を与えています。キャンパスにおける環境保全活動は、大学財政における光熱水費の負担を軽減し、持続可能な地球社会の構築に向けて教育研究活動の活性化に相乗効果をもたらすことが期待されます。是非、環境月間をきっかけにキャンパスにおける環境の取り組みにご協力ください。