法政大学について

法政フォトジャーナル

2010.03.20

「パーソナルカラー講座」を開催しました

・撮影場所/市ケ谷キャンパス

3月11日(木)に文部科学省学生支援GP採択事業の一つとして、「パーソナルカラー講座」を開催しました。

パーソナルカラーとは、その人が生まれ持った肌・髪・瞳の色に調和して美しくみせてくれる色のことで、人は、肌・髪・瞳の色から4つのグループに分けることができると言われています。

当日は12人の学生が参加、これらのグループカラーを参考にしながらパーソナルカラーを見つけていきました。
まず、カラーイメージコーディネーターの林恭子先生により、一人一人に鏡の前でさまざまな色布を当てながら、美しく見えて似合う色を探していきました。同じ黄色でも薄い黄色が似合う人もいれば濃い黄色が似合う人もいて、人それぞれパーソナルカラーが異なることを体感しました。

初めは硬い表情だった学生も、周囲から「顔がきれいに見える」と言われると笑顔になり、講座は和やかな雰囲気で進められました。女子学生には個人個人に合ったお化粧が施され、「化粧をする前と変わった」と喜ぶ声が多く上がりました。また、男子学生には似合うスーツの色・柄・ネクタイのコーディネートが行われました。

講座終了後も学生から積極的に質問する姿が見られ、関心の高さがうかがえました。



 

ページのトップへ戻る