法政大学について

法政フォトジャーナル

2008.03.30

「大学生の社会科見学 JAL機体整備工場見学」を実施

・撮影場所/羽田空港

3月12日(水)、学生部・課外教養プログラム「大学生の社会科見学 JAL機体整備工場見学」を実施しました。これは、「Hosei PSC」(文部科学省・学生支援GP採択)の課外教養プログラムプロジェクト・学生スタッフによる企画・運営です。

「見るだけに終えない」「考える見学」をテーマに学生スタッフが工夫を凝らした企画は、羽田空港に向かうバス内からスタート。参加者間のコミュニケーションを促進すること、見学先でよく観察することを目的とした2つのグループワーク ―(1)共通点を3つ見つける自己紹介、(2)絵心クイズ「あなたのイメージする飛行機を自由に描いてください」― を終えたころには、バス内に一体感が生まれていました。

現地ではレクチャー「羽田空港について」「機体の浮く仕組み」を受講し、JAL担当者による案内のもと機体整備工場を見学。工場の扉が開いた瞬間、その広さと、日ごろ見ることのない光景に歓声があがりました。参加者は間近で見る飛行機の大きさ・部品の細部、機体整備士の仕事の様子に感動していました。

「あなたはJALの広報です。機体整備工場の良い点を3つPRしてください」というテーマを帰りのバス内グループワークとして、「JAL機体整備工場見学」を締めくくりました。


盛り上がったグループワーク
盛り上がったグループワーク
JAL担当者によるレクチャー
JAL担当者によるレクチャー

整備の様子を間近で見学
整備の様子を間近で見学
飛行機の前で記念撮影
飛行機の前で記念撮影

 

ページのトップへ戻る