法政大学について

法政フォトジャーナル

2008.02.08

大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)開設記念連続シンポジウム(第1回)を開催

・撮影場所/静岡市産学交流センター

2008年4月の大学院政策創造研究科の開設を記念して、1月28日(月)に静岡市の協力のもと静岡市産学交流センターで連続公開シンポジウム(第1回)を開催しました。

まずはじめに政策創造研究科設置準備委員長の岡本義行教授より、研究科のコンセプトや特徴について映像を交えて説明がありました。
次に「地域自立時代の魅力的産業づくり」について坂本光司客員教授(ソーシャル・アントレプレナー政策プログラムディレクター就任予定)から、「静岡県の成長力底上げ戦略」について静岡総合研究機構の谷和美専務理事から、また「地方都市の今後の地域づくり戦略」について岡本義行教授からそれぞれ講演ならびに質疑応答が行われました。

来賓の静岡市経済局長の山本篤氏より、大学院や地域研究センターを通じて地域づくりへの積極的な取り組みを行っている本学に対して、今後より一層の協力関係を結びたいという期待にあふれるあいさつをいただいた後、最後に本学を代表して永井常務理事より、法政大学の教学改革についての説明、夜遅くまで熱心に受講された参加者に対してのお礼の言葉があり、閉会となりました。

講演終了後も参加者から多くの質問や進学相談が寄せられ、政策創造研究科に対する関心の高さをうかがうことができたシンポジウムとなりました。

なお、本連続公開シンポジウムは3月までに全10回開催される予定です。


永井常務理事
永井常務理事
坂本光司大学院客員教授
坂本光司大学院客員教授

岡本義行設置準備委員長
岡本義行設置準備委員長
谷和美静岡総合研究機構専務理事
谷和美静岡総合研究機構専務理事

山本篤静岡市経済局長
山本篤静岡市経済局長
満員の会場
満員の会場

 

ページのトップへ戻る