法政大学について

法政フォトジャーナル

2008.01.15

「はじめてのバレエ」を開催

・撮影場所/市ケ谷キャンパス・新国立劇場(初台)

文部科学省より「学生支援GP」で採択を受けたこプログラム「はじめてのバレエ」として、12月25日(火)新国立劇場にて、『くるみ割り人形』を鑑賞しました。

これに先立ち、11月30日(木)に、当日の主役堀口純氏と新国立劇場の佐藤和之氏にお越しいただき、市ケ谷キャンパスで鑑賞前の事前学習として、バレエをはじめて鑑賞する学生に対し、くるみ割り人形のストーリーや、鑑賞のポイント等を丁寧にレクチャーしていただきました。

鑑賞当日は29人の学生が参加し、事前学習で講習していただいた方が主役として踊っている姿を観て「とても感動しました」との声が多数あがりました。


事前学習での様子。佐藤氏のレクチャーを真剣に聞く学生たち
事前学習での様子。佐藤氏のレクチャーを真剣に聞く学生たち
公演では主役を務める堀口氏が、目の前で実演してくれました
公演では主役を務める堀口氏が、目の前で実演してくれました

学生も「バレエ体験」。当日の鑑賞が楽しみです
学生も「バレエ体験」。当日の鑑賞が楽しみです
バレエ鑑賞当日。準備万端、これから鑑賞します。
バレエ鑑賞当日。準備万端、これから鑑賞します。

 

ページのトップへ戻る