法政大学について

法政フォトジャーナル

2007.07.02

イノベーション・マネジメント研究センター第7回講演会「発展する中国の流通」開催

・撮影場所/市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー

イノベーション・マネジメント研究センターでは、6月28日(木)、市ケ谷キャンパスのボアソナード・タワー26階スカイホールで、第7回講演会「発展する中国の流通」を開催し、91名が聴講に訪れました。

当日は、当研究センターの研究プロジェクト「中国流通研究会」のメンバーである関根孝教授(専修大学商学部)が「中国の流通近代化プロセス―河北省唐山(たんしゃん)市の現地調査から―」と題して、中国河北省の現地調査に基づく、マクロデータではわからない中国の流通近代化プロセスの実際について、同代表の矢作敏行教授(法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科)が「日本の小売企業の中国戦略―イオン・イトーヨーカ堂の比較事例研究―」と題して、日本の小売企業の中国戦略の現状評価について、それぞれ報告し、参加者と活発な意見交換をしました。


関根孝教授
関根孝教授
矢作敏行教授
矢作敏行教授

会場の様子
会場の様子

 

ページのトップへ戻る