法学部へようこそ

 法政大学法学部は,1880年に創設された日本で最初の私立法学校「東京法学社」の伝統を受け継ぐ学部です。政府の組織などの大きな課題と,一人一人の権利と自由を司る近代法律学の普及によって,社会に「自由と進歩」を実現しようとした建学の精神に基づき,法律や政治の運用を通して社会の課題に取り組む人材を多く輩出してきました。経済・社会等のグローバル化が加速する一方で,格差の拡大や環境破壊等,その綻びも徐々に見え始め,先行きが見えにくくなっている昨今,社会的秩序の維持に関わる法律学の素養や,人間の共存の技術としての政治学の素養,幅広い国際関係の知見を備え,自分で真摯に考え,自己の責任ある判断をもって行動できる人材が,今後ますます求められることでしょう。法学部は,こうした要請に応えるべくさまざまなカリキュラムを用意して,広く国内外に貢献するリーガルマインドや政治的交渉能力のある人材の育成を積極的に行っています。