カリキュラム

2017年度入学者カリキュラム

専門教育科目

88単位以上

  • 必修科目 24単位
  • コース共通科目 14単位以上
  • 実践講座科目 10単位以上
  • 総合講座科目 2単位以上
  • コース別選択必修科目 18単位以上
  • 選択科目(自由科目 0~20単位含む)

ILAC(アイラック)科目

 

専門教育科目

区分1年次2年次3年次4年次
必修科目
(24単位)
国際政治への案内(1年次の履修が望ましい)
Hosei Oxford Programme(HOP),Sustainable Training For English Proficiency(STEP)
 演習(×2) 
選択必修科目



コース共通科目
(14単位以上)
国際政治学入門,国際政治の理論と現実(2~4年次),国際協力論Ⅰ・Ⅱ,政治学の基礎概念Ⅰ・Ⅱ,国際政治学特講Ⅰ・Ⅱ,グローバル政治史,比較政治論Ⅰ・Ⅱ,EUの政治と社会Ⅰ・Ⅱ,東欧の政治と社会Ⅰ・Ⅱ,中東の政治と社会,CISの政治と社会Ⅰ・Ⅱ,アフリカの政治と社会Ⅰ・Ⅱ,ラテンアメリカの政治と社会Ⅰ・Ⅱ,グローバル・ガバナンス,国際公共政策Ⅰ・Ⅱ,日本政治思想史Ⅰ・Ⅱ,ヨーロッパ政治思想史Ⅰ・Ⅱ,行政学,自治体論Ⅰ・Ⅱ,都市政策Ⅰ・Ⅱ,国際社会の法Ⅰ・Ⅱ,市民社会の法Ⅰ・Ⅱ,経済原論Ⅰ・Ⅱ
実践講座科目
(10単位以上)
 International Politics,Global Governance、Japanese Politics,Essay Writing,Presentation Skills,Debate,海外メディア分析実習,Global Internship
文章の書き方セミナー 
総合講座科目(2単位以上)外交総合講座、国際協力講座
コース別選択必修科目(18単位以上) 
【アジア国際政治コース】
アジア国際政治概論,朝鮮半島の政治と社会Ⅰ・Ⅱ,台湾の政治と社会Ⅰ・Ⅱ,東アジアの政治と社会Ⅰ・Ⅱ,中国の政治と社会Ⅰ・Ⅱ,東南アジアの政治と社会Ⅰ・Ⅱ,オセアニアの政治と社会Ⅰ・Ⅱ,北アメリカの政治と社会,日本の政治と社会Ⅰ・Ⅱ,アメリカ政治史,日本政治論Ⅰ・Ⅱ,アメリカ外交史(2~4年次),現代のアメリカと世界(2~4年次),中国の政治と外交Ⅰ・Ⅱ,ロシアの政治と外交,日本の政治と外交Ⅰ・Ⅱ,アジア比較政治論Ⅰ・Ⅱ,アジア国際政治特講Ⅰ・Ⅱ

【グローバル・ガバナンスコース】
国際機構論Ⅰ・Ⅱ,政治構造論Ⅰ・Ⅱ,平和・軍事研究Ⅰ・Ⅱ,国際NGO論Ⅰ・Ⅱ,ジェンダー論Ⅰ・Ⅱ,地域統合論Ⅰ・Ⅱ,国際文化交流Ⅰ・Ⅱ,宗教文化論Ⅰ・Ⅱ,地球環境論Ⅰ・Ⅱ(2~4年次),比較福祉国家Ⅰ・Ⅱ,現代メディア論,ジャーナリズム実践講座(2・3年次のみ),自治体国際協力論,国際経済論Ⅰ・Ⅱ,グローバル・ビジネス論Ⅰ・Ⅱ,国際経済法Ⅰ・Ⅱ,国際環境法Ⅰ・Ⅱ(2~4年次),グローバル・ガバナンス特講Ⅰ・Ⅱ,国際政治経済論Ⅰ・Ⅱ

選択科目他コース科目各コース欄参照
卒論/リサーチペーパー 卒業論文,リサーチペーパー
自由科目 上記以外の法学部科目
 電算実習科目(情報科学実習Ⅰ・Ⅱ) 
 電算実習科目(プログラミング言語Ⅰ・Ⅱ,データ処理論Ⅰ・Ⅱ,ネットワーク論Ⅰ・Ⅱ)
 電算実習科目(応用プログラミングⅠ・Ⅱ)
 公開科目・グローバルオープン科目
 総合科目
短期語学研修プログラム

 

自由科目

区分1年次2年次3年次4年次
自由科目
(0~20単位)
 法律学科科目、政治学科科目
 電算実習科目(情報科学実習Ⅰ・Ⅱ) 

電算実習科目(プログラミング言語Ⅰ・Ⅱ,データ処理論Ⅰ・Ⅱ,ネットワーク論Ⅰ・Ⅱ)
 電算実習科目(応用プログラミングI・II)
 公開科目

総合科目

国際政治学科の外国語教育

国際政治学科では、英語で国際政治を考え、表現、議論できる能力を養うために、特徴的なカリキュラムを編成しています。英語授業はNative Speaker(あるいはそれに準じる)教員による授業で、プレイスメント・テストの結果によりクラス分けが行われます。また、3年生までの間に英語リーディング・ワークショップ、英語オーラルコミュニケーション、英文ライティング、マスメディアの英語、英語検定試験対策などの選択科目を履修します。

英語以外の外国語(第二外国語)はドイツ語・フランス語・ロシア語・スペイン語・中国語・朝鮮語から1ケ国語を選択して、1年生から2年生まで履修します。

また、専門科目の中には、Essay Writing、Debate、Presentation Skillsといった実践的な英語能力を養う科目を複数開講しています。さらにInternational Politics、Global Governance、International Lawなど英語で行われる講義も開講されています。