中野 勝郎 ゼミ(テーマ:アメリカを考える・アメリカを通して考える)

2016年04月01日

【更新情報】

11月12日(土) ゼミ生からのメッセージ(PDFファイル)内に記載されている面接日について,変更となります。

中野ゼミ概要

「アメリカとはなにか」を考えるゼミです。アメリカ合衆国は、政治・外交・経済・文化において日本ときわめて密接な関係をもっています。しかし、近しい存在であるにもかかわらず、アメリカ合衆国についてはあまりよく理解されていません。このゼミでは、そんなアメリカをさまざまな観点・角度から解剖してみようと思っています。
2017年度は、「アメリカ合衆国にとっての「世界」・「外国」というテーマでゼミをおこないます。
アメリカ社会は、自分たちの国以外の国々をどう理解しているのか、外国とどのような関係(同盟・条約・文化交流など)を持とうとしているのか、国際社会・国際組織でどのような役割を果たしてきたのか(果たそうとしているのか)、外国をどのように受け入れてきたのか(移民や文化の流入)などの問いへの答えを考えながら、アメリカ合衆国の国家および社会としての特徴を明らかにするというのが、ゼミのねらいです。

ゼミの年間計画

ゼミは火曜日の3限・4限におこないます。
3限は、文献講読にあてます。上記のテーマに取り上げている文献を一緒に読みます。
4限は、個人発表。各人がゼミ論のテーマについて中間報告をおこないます。
あわせて、ゼミのテーマに近い内容をもっている映画を鑑賞します。
9月には沖縄で合宿をおこなう予定です。ゼミ室では得られないアメリカ体験の機会になればと思っています。

中野ゼミ 希望者へのメッセージ

アメリカ合衆国が嫌いであっても、関心がなくても、かまいません。大切なのは、なにかを通して(このゼミの場合、アメリカ合衆国ですが)、なにか(アメリカ合衆国にはかぎりません)を知ろうという意欲がある学生なら歓迎します。

成績評価方法

平常点(文献の報告と個人発表がどの程度の水準であるか)とゼミ論文の完成度によって評価します。

ゼミ生からのメッセージ

  • 中野ゼミ ゼミ紹介
    (11月12日追記)ゼミ紹介内に記載されている面接予定日(12月3日(土))は変更になります。11月中旬の正式発表までお待ちください。