菱田 雅晴ゼミ(テーマ:現代中国)

2016年04月01日

菱田ゼミ概要

ゼミとは、参加者自身が自ら企画し、自ら活動する場面であり、壇上から行われる講義形式とは決定的に異なる。受講生自身が自らの灰色の脳細胞と汗により集団として作り上げるものこそがゼミであり、4年間の大学生活の最重要のコアをなす。
他方、担当教員が“介入”の余地を何ら見出せず、無聊を託つ…これが、最良のゼミ場面とも目される。何となれば、ゼミ担当教員とは、関連テーマに関し、少しばかり早めに着手したことから、それなりの助言とサポートを行い得る経験を持つ単なる脇役に過ぎないからである。
こうした観点から、本ゼミでは、受講者自身による自己開発とその結果としてのバージョン・アップを目的とすることとしたい。

ゼミの年間計画

具体的なゼミ活動計画は、上記の通りのゼミ観からすれば、各年度における受講生による企画設定による決定に従うこととなるが、参考までに、以下に、既往年度における年間計画実績を掲げる。

春学期:
入ゼミオリエンテーション(合宿形態含む)
各ゼミ生自身のゼミ論テーマ決定のための基礎作業
共通テーマ/テキストの選定→テキスト輪読
時事問題の検討
その他:適宜テーマに基づく外部講師の招聘、外部研修、合同ゼミ(学科内外、学外含む)
夏合宿〜海外研修旅行(北京、台湾、香港等)

秋学期:
ゼミ論構想発表
ゼミ論進捗報告
海外研修報告会
就職活動報告会
その他:適宜テーマのセミナー
最終:ゼミ論の提出

菱田ゼミ 希望者へのメッセージ

沈黙は金ならず! 謙譲は美徳ならず!
これを体得して欲しい。

成績評価方法

ゼミ各場面における積極性(70%)およびゼミ論文における論理性(20%)、独創性(10%)

ゼミ生からのメッセージ