福田 円ゼミ(テーマ:香港と台湾)

2016年04月01日

福田ゼミ概要

2017年度の福田ゼミは、香港と台湾の現在について、政治、社会、アイデンティティ、文化など様々な側面から学びます。そして、日港関係や日台関係の現状と課題について理解し、議論を重ねます。
近年、香港では「雨傘革命」、台湾では「ひまわり運動」に象徴されるような、若者たちを中心とする新たなうねりが生まれ、地域の政治に大きな影響を与えようとしています。このような香港や台湾の人々は、日本に対して高い関心と親近感をもっています。日本でも、香港や台湾について理解し、交流をより深めようとする動きがじわじわと盛り上がっています。本ゼミではこのようなトレンドとその背景を理解するとともに、実際にこれらの地域の社会や文化に触れ、人々と交流できるような活動をしていきたいと考えています。

ゼミの年間計画

春学期には香港・台湾に関する入門書の輪読や、個別のトピックに関するディスカッション、ディベートなどを通じて、地域の現状に対する理解を深めます。秋学期には春学期に学んだことを発展させ、各自がゼミ論文を執筆します。3年生のゼミ論文は毎年論文集にまとめ、製本しています。それ以外には、以下のような活動を行っています。
【春学期】新歓コンパ、ゼミランチ、ゲストスピーカー講演、国内合宿
【秋学期】合同ゼミ、OB会、ゼミ論報告会、追い出しコンパ、海外合宿
これまでの活動については、福田円研究室HP(http://madoka-f.jimdo.com)もご覧下さい。

福田ゼミ 希望者へのメッセージ

学部におけるゼミの役割は知識を得ることにとどまらず、大学卒業後にも皆さんの支えとなる思考や表現の方法、人間関係、社会人としてのマナーなどを培うことにもあります。そのため、本ゼミでは授業時間外のコミュニケーション、大学の外で学ぶ機会なども大切にしています。台湾や香港に関心があることに加え、このような活動にも積極的に参加し、楽しめる学生を歓迎します。

成績評価方法

①ゼミ論など学期末の課題(40%)、②報告など学期中の課題(30%)、③ゼミへの参加と貢献(30%)

ゼミ生からのメッセージ