アンドレイゼミ(テーマ:日露関係)

2016年04月01日

アンドレイゼミ概要

このゼミは三つの目的がある。①学生が歴史、及び、政治的、セキュリティ、文化的、経済的な次元を含む日ロ関係の現在の状態について学ぶのを助け、そして、両国の相互知覚及びそれらの相互作用に影響を及ぼす姿勢の正しい認識・評価を開発するように設計されている。②一つの問題に関する両側の議論を分解しながら学生の分析能力を強化する。③記述及び口頭発表によって研究調査結果を伝達する能力を発展する。
それと同時に学生は、公文書を読むこと及びアカデミックな分析能力を発達させる、外交上の交渉者の展望から政策問題を見て、そして、関心の問題に関するそれら自身の分析的な展望をそれらに発展させるであろう。

ゼミの年間計画

二年生は基本的に春学期でロシアについて、秋学期で日露関係史に関する基礎知識を得る勉強を行い、発表者のレジュメに沿って議論する。終わってから各ゼミ生の関心に基づいて個別テーマに関するプレゼンテーションと討論を行う。三年生は通年にわたり自己のテーマを研究し発表する。ゼミ生の希望により合宿も実施する。

アンドレイゼミ 希望者へのメッセージ

国際政治並びにロシア全体に対する関心をもち、積極的にゼミに取り組む学生の参加を期待する。

成績評価方法

出席状況(20点)、報告・発表の内容・討論参加(80点)によって総合評価を行う。

ゼミ生からのメッセージ