法学部 > ニュース > 在学生の方へ > 【履修登録関連】秋学期開講科目「ジャーナリズム実践講座」受講について

【履修登録関連】秋学期開講科目「ジャーナリズム実践講座」受講について

2016年07月01日

法学部の2・3年生で、以下2つの条件をどちらも満たしている学生が「ジャーナリズム実践講座」を受講することができます。
受講希望者は詳細を確認し,必要な手続きを期間内に終えてください。

受講対象

  1. 開講までに「現代メディア論」の単位を修得済であること。(今年度履修中の学生は修得見込みで申込み可)
  2. 語彙・読解力検定(朝日新聞社・ベネッセ主催)を受検したスコア(合否不問)を提出すること。
    ※今年度授業内受検した学生のスコアは7月20日(水)の授業で配布されます。個人受検や過年度のスコアでも可能です。

選抜について

定員制の授業であるため、選抜を行う場合があります。
受講を希望する場合は、申込書(本ページの最下部に記載)を下記要領で提出してください。
選抜の結果は、9月12日(月)(予定)に法学部掲示板およびHPに掲示します。

申込書提出について

  1. 提出先 法学部窓口
  2. 提出期間 7月1日(金)~7月30日(土) (月~金 9:00~11:30 12:30~17:00 / 土 9:00~12:00)
  3. 提出書類 ①申込書(本書下部に必要事項を記入し切り離して提出) ②語彙・読解力検定受検結果通知(コピー可。右上の余白に学生証番号・氏名を記入)
    ※①②を揃え左上をホチキス留めすること

履修登録

選抜の結果、受講許可を得た学生の履修登録は、法学部事務が秋学期履修登録前までに行います。
事務による履修登録にあたり、年間の履修上限を超えてしまうエラーが発生する場合があります。その場合は、事務で科目を削除しますので、申込書に削除する科目(対象は秋学期科目のみ)を指定してください。
ただし、演習および進級に関わる科目、選抜等で受講許可を得ている科目は削除できません。また、履修上限を超えなかった場合は削除しません。

その他

申込書に記入したメールアドレス(PC)には、開講前に担当教員から受講に必要な手続きの案内等が送られます(シラバス参照)。常に使用しているものを記入してください。