法学部 > ニュース > トピックス > 法学部国際政治学科 森聡教授が中曽根康弘賞奨励賞を受賞致しました

法学部国際政治学科 森聡教授が、中曽根康弘賞奨励賞を受賞致しました

2015年07月07日

法学部国際政治学科 森聡(もり さとる)教授が、第11回中曽根康弘賞奨励賞を受賞致しました。同賞の選考委員会は、次のような理由で森先生を授賞者に選んだと発表しています。

「アメリカ外交研究者として、歴史研究と政策研究の双方を活発に行っており、また英語に堪能でシンクタンクでの講演や政策提言も積極的に行っている。著書の『ヴェトナム戦争と同盟外交』(東京大学出版会)では米、仏、英の視点からアジア太平洋の国際関係を緻密に検証しており、外交史家として学界への貢献も大きい。また政策コミュニティにおいて、元外交官としての経験を生かして、専門のアメリカ外交のみならず、日米関係、日本外交、東アジアの海洋安全保障などについても積極的に発言している。これらの学術活動、社会活動を高く評価する。」

森先生受賞のニュースは、2015年7月4日付の読売新聞(東京版)朝刊にも掲載されました。

授賞式の様子
授賞式の様子