研修生について

大学卒業後に本大学院修士課程への進学を目指し、その準備教育として入学を希望する方が対象です。
入学時期は4月からとなり(9月入学はありません)、入学試験に合格した方のみ入学が可能となっています。
受入期間は1年間です。

・外国人留学生で在留資格「留学」を希望する場合、入管法により週10時間に相当する研究活動が義務付けられて
 います。
・研修生として履修した単位のうち10単位までは、修士課程入学後、修了所要単位として認めることが可能です
 (本人の申請と所属研究科教授会の許可が必要)。
・特別学生に該当するため、通学定期・学割は発行できません。

募集要項

募集要項は下記をご覧ください。

学費

人文科学・国際日本学インスティテュート・国際文化・経済学・法学・政治学・社会学・経営学・人間社会研究科は登録料と指導料合わせて年額で294,000円、デザイン工学・理工学研究科は登録料・指導料合わせて年額で440,400円となります。

在留期間に関する注意事項

在留資格「留学」の留学生については、特段の事情がある場合を除き、専ら聴講によらない研究生・研究員などとしての在留期間の上限は通算「2年間」であり、専ら聴講による教育を受ける科目等履修生・ 研修生・委託研修生などとしての在留期間の上限は通算「1年間」とされております(他大学での非正規生での在留期間も含みます)。なお日本語学校の在籍中の在留期間は、上記の非正規生の在留期間の通算年数には含まれません。

※特段の事情とは一般的に、病気・怪我等にて通学できない状況が該当します。どのようなケースが特段の事情として認められるか、ご自身の区分が「専ら聴講によるもの」なのかどうか不明な場合等は、直接入国管理局へお問い合わせください。