スポーツ健康学専攻(修士課程)

スポーツ健康学専攻が目的とするのは、スポーツ健康の分野において現代社会が期待する多面的な高度専門的職業人の養成です。これを実現するためには、「スポーツ健康学」分野において、ある特定の専門分野を深化させるだけではなく、関連する分野を総合的に学んでいくことが必要です。幅広いスポーツ健康学に関わる基礎知識をベースに、スポーツと健康づくりに関わる各種の教育や事業を企画・立案、管理・運営、実践・指導、点検・評価することのできる実践力の高い人材を育成し、健康の維持・増進とスポーツ発展に関わる多様な領域で社会に寄与していきたいと考えます。本学が設置するスポーツ健康学専攻はこれらを踏まえ、「スポーツ健康学」を教育研究の土台としながらも、これまでのスポーツ健康学の枠組みに縛られることなく、最新のスポーツ科学と健康科学を「総合的」に展開していきます。

大学院構成図

特色

社会における実践・応用能力の向上のためには、ある一つの職能に関する専門知識を極めるだけでなく、関連する職能に関する知識や全体の枠組みに至るまで広範な知識を総合的に身につけることが必要です。例えば、優れた戦術を操り巧みな人心掌握術を誇る名指導者でありながら、スポーツに関わる法令や組織の経営に見識を持った人材や、優れた経営手腕を発揮しプロクラブの勝利に寄与する経営者でありながら、人の身体の仕組みや疲労のメカニズムに精通した人物等です。
本専攻は、そうしたスポーツ健康学を社会で実践するために必要な幅広い知識を身につけられる総合的な教育を展開し、現代社会がスポーツ健康学分野において求める多面的な高度専門的職業人を養成します。以下にその養成人材像の具体例を記載します。


①競技スポーツや教育現場において高度な指導能力を発揮できる人材


アスリートの競技力向上から生涯スポーツに関する運動習慣の獲得まで幅広いスポーツへの取り組みに対応した、的確で効果的に実践する方法を指導現場で教授できる能力を有し、自治体における地域スポーツや生涯スポーツの指導を通した健康づくり、アスリートへの競技スポーツの指導やコンディショニングにおいても活躍できる人材養成を目指します。また、学校教育では、より確かな実践的指導力が求められている今日の状況に鑑み、学問的な幅広い知識を身に付け、現場対応型の資質・能力を備えた、質の高い保健体育科教員の養成を目指します。


②生涯を通じての積極的な健康づくりを支援できる人材


身体の構造や機能に関する医・科学的理解を基礎に、ヒトの生命活動としての発育や日常生活・スポーツ運動を科学的に解明するとともに、社会の健康関連諸制度に関する知識を修得し、医療機関やフィットネスクラブ等の健康増進施設等において現場での運動指導のみならず、これらの機関や組織の運営にも精通した、あらゆる立場から健康づくりを支援することができる人材を養成します。

③スポーツに関わる組織や人の特性を知り、時代の要請をわきまえ、よりよきスポーツ社会の実現を可能とする人材

スポーツの価値や社会に対する影響について深く理解し、ビジネス化・産業化されていくスポーツをマーケティングや消費者行動、ファイナンスやエコノミクス、 ファシリティマネジメントといった観点からとらえ、メディア、ジャーナリズム、広報などのスポーツコミュニケーションに関する知識と技術を身に付けた、スポーツ組織・団体、プロスポーツクラブや行政職としてスポーツ振興や健康づくりを推進していく人材、総合型地域スポーツクラブのクラブマネージャーなど、組織の運営を担うことのできる人材を養成します。ただし、修士課程を終えてすぐに指導者的立場に立つことは難しいのが現状ですので、コーチングや健康づくりの基礎的識見も兼ね備え、現行法、政治、経済、社会の負託に応える、スポーツ普及や健康社会の発展に、組織やチームの指導的立場として寄与する人材を世に送り出すことを目指します。

スポーツ健康学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


授業・履修について

授業・履修に関する情報、学位論文提出等に関する情報を掲載しています。


学費・奨学金・研究助成制度(共通)

学費の値下げ、助成制度の拡充など、学びやすい環境を実現しています。


学生生活について(共通)

学生生活を充実するためのサポート情報、各種申請書等を掲載しています。


学生・修了生の声(共通)

学生・修了生の声を掲載しています。