HOME > 研究科・専攻 > スポーツ健康学研究科(多摩)

スポーツ健康学研究科(多摩キャンパス)

 2016年4月より法政大学大学院スポーツ健康学研究科スポーツ健康学専攻が新たに設置されます。

 2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることとなった今、日本国内にはメダルへの大きな期待と、スポーツ界の構造の変化を求める動きが渦巻き始めています。しかるにそれ以前においても、社会的な構造変化とともに、スポーツと健康に対するニーズの量的な拡大と質的な高度化が見られてきました。法政大学スポーツ健康学研究科は、広範なスポーツ健康学に関わる基礎知識と実践力を兼ね備えた、社会のスポーツ健康学分野における多様なシーンにおいて即戦力として活躍できる高度専門的職業人を養成するという使命をもって設立します。これにより、健康の維持・増進とスポーツ発展に関わる多様な領域で社会に寄与していきます。

 本研究科の養成する人材は、法政大学において長年培われてきた、スポーツ分野における活動、成果を研究面で集約し、競技スポーツ・地域スポーツ・生涯スポーツ指導者、医療・健康関連産業、中学・高等学校の保健体育科教員、大学・研究所等の教育研究機関、スポーツマネジメント、スポーツジャーナリズムなど多様な場面で活躍するものと思われます。

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)、および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。


スポーツ健康学専攻

スポーツ健康学研究科にはスポーツ健康学専攻が設置されています。専攻の概要、詳細についてはこちらのページを参照してください。


2017年度スポーツ健康学研究科 科目について

2017年度スポーツ健康学研究科時間割一覧表等を公開しますので、時間割作成に役立ててください。

ただし、変更の可能性がありますのでオリエンテーション時に配布する時間割一覧表や掲示などに注意を払うようにしてください。