生命機能学専攻(修士課程・博士後期課程)

理学と工学を融合し、21世紀型の生命科学を展開。

生命科学分野は、ヒトを含めた各種生物のゲノム全構造の解明により、科学技術の将来の夢を託された21世紀新時代を迎えています。医学・薬学・農学との連携はもとより、工学との連携も始まっています。こうした時代背景を踏まえて、自ら研究課題を設定し、研究活動を実施する創造力、自立力を備えた人材を養成します。

本専攻では、微生物・植物・動物の「細胞個性学」と「分子個性学」を特徴とする新しい生命科学=「生命機能学」を学習。ゲノム・タンパク質・細胞・生命システム・基盤植物医科・実践植物医科という6つの分野を設定し、教育・研究を行います。

21世紀型の生命科学研究を推進し、社会的貢献ができる、広い視野と教養、豊かな技術を有する高度職業人および研究者の養成が目標です。そのために基盤となる専門性を確立させ、その上で学際的な知識・技術を身に付けることを目指します。

生命機能学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

生命機能学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


法政大学学術研究データベース

生命機能学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

生命機能学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。


生命機能学専攻独自ページ

生命機能学専攻独自のHPです。