応用化学専攻(修士課程・博士後期課程)

21世紀の化学を学び、持続的社会構築に貢献できる研究開発者・技術者を育成する。

21世紀の重要課題である環境問題解決や新素材開発において、応用化学の果たす役割は重要性を増しています。本専攻においては、「物性化学」、「材料化学」、「化学工学」、「環境化学」の4研究分野を設置し、低環境負荷型機能性材料の開発、人間環境との共生を目指した化学プロセス技術の開発、地球環境における物質循環、生体への影響を俯瞰的にとらえ、環境に関わる諸問題に対する化学的解決法の開発等、応用化学研究の各分野における基礎知識および応用技術を習得し、修了後は、製造業を中心として幅広い産業界および研究機関等において化学の専門的な能力を生かして持続的社会構築に貢献できる研究開発者・技術者として活躍できる人材を養成します。

応用化学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

応用化学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


法政大学学術研究データベース

応用化学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

応用化学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。