応用情報工学専攻(修士課程・博士後期課程)

情報化社会の第一線を担う、高度な技術者・研究者に。

ICT(情報通信技術)分野は、インターネットやブロードバンドの爆発的な普及により急速に発展し続けています。特に現在、クラウドコンピューティングによる技術革新と、デバイスの高性能化および小型化によるユビキタス化の進行やンヒューマンインターフェイスや画像処理応用技術の高度化が急激に進行中です。
本専攻の研究分野は、「計算機工学」「情報ネットワーク工学」「情報処理工学」「人間情報工学」です。「計算機工学」では、重要な基盤領域であり、計算機の高速化、効率化、知能化を目指したアーキテクチャ、アルゴリズム及びプログラミングを、「情報ネットワーク工学」では、インターネットに代表されるように多数の計算機がネットワークを介して結合しWebなどを通じて情報処理を行うネットワーク技術が研究対象です。「情報処理工学」では、計算機やネットワークを利用した応用には欠かせない画像処理や知能処理などの情報処理技術を、「人間情報工学」では、計算機をより使いやすく身近なものにするための人間と計算をつなぐ技術を研究対象としています。
本専攻では、応用情報工学分野の多彩な教授陣を有し、学会誌や国際会議での論文発表等も活発です。幅広い専門基礎学力と独創的能力を持ち、この分野の技術の発展に指導的役割を担う技術者・研究者の育成が目的です。

応用情報工学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

応用情報工学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


法政大学学術研究データベース

応用情報工学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

応用情報工学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。