電気電子工学専攻(修士課程・博士後期課程)

現代の科学技術を支える先端技術を、基礎から応用まで。

マルチメディア、携帯端末、新世代コンピュータ、人工知能、マイクロマシン、ナノエレクトロニクス、ニューマテリアル、地球にやさしいエネルギー。これらのキーワードはすべて電気工学と関連しています。
本専攻では、集積回路、半導体デバイス、電子材料、電子物性、通信、制御、エネルギーなどの電気電子工学分野に重点を置き、法政大学イオンビーム工学研究所やマイクロ・ナノテクノロジー研究センターなどの最新設備を利用しながら、現代の科学技術を支える先端技術の基礎から応用までの研究・教育を行います。
修士課程では、深い学識と、高度専門技術者に必要な能力を養うことを目標とし、社会に有益な先端技術として還元する能力を有する人材を育成します。博士後期課程では、豊かな学識を実際の研究成果に結実させることにより研究者育成を目標としています。毎年、国内外で数多くの論文を発表。社会に有益な技術として還元されることを目指しています。

電気電子工学専攻詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

電気電子工学専攻の年間授業内容・計画を公表しています。


法政大学学術研究データベース

電気電子工学専攻の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

電気電子工学専攻の入試情報は、こちらのページからご覧ください。