連帯社会インスティテュート(修士課程)

本インスティテュートは、日本労働組合総連合会、日本労働文化財団と本学とが連携して設置する日本初の教育プログラムです。政治学研究科および公共政策研究科を母体に、連帯社会をベースにした市場経済、社会システムのあり方、サードセクターの形成発展の課題を研究します。

設置プログラム

  • 1. 労働組合プログラム
    労働組合を取り巻く環境が大きく変わりつつあり、新たな課題が次々に突きつけられています。市民社会の一員としてそれらにどう対応していくべきか。このプログラムでは「公正」と「公平」を鍵概念として、国際比較や歴史、事例などに学びながら、困難に立ち向かうための理論と姿勢を学びます。
  • 2. 協同組合プログラム
    日本の協同組合は世界でもトップクラスの規模を持っていますが、政治経済社会における認知度は限られています。このプログラムでは、協同組合の理論と歴史、協同組合のガバナンスと社会的責任、政治や公共政策との関わり、市民社会における役割について学びます。
  • 3. NPOプログラム
    NPO(民間非営利組織)は地域・社会の課題解決と社会システム変革の役割を果たし、「新しい公共」の実現による市民社会を目指しています。このプログラムではNPOの理論と歴史、ネットワーク論、協働、社会的企業など、NPO発展のための社会的関係について学びます。

3つの特徴

  • 1. 政治学研究科、公共政策研究科公共マネジメントコースと密接に連携しつつ、学内の知識資源を縦横につなぐ学際的研究・教育活動を通じて、学際的知性の錬成を目指します。
  • 2. 連帯社会構築に向けた第一線で活躍する各界の方々を講師に招き多くの生きた実例に触れる機会を提供するとともに、政策実現に向けた具体的な手法・技術に触れる機会を提供します。
  • 3. NPO/NGO・社会的企業、協同組合、労働組合という、現代における社会運動を担うさまざまな主体的組織と、大学が密接に連携し、一つの研究・教育機関を設立する初めての試みです。

連帯社会インスティテュート詳細情報

連帯社会インスティテュートについて


授業科目と担当教員

連帯社会インスティテュートの設置科目と担当教員を掲載しています。


シラバス

連帯社会インスティテュートの年間授業内容・計画を公表しています。


授業・履修について(市ヶ谷大学院)

授業・履修に関する情報、学位論文提出等に関する情報を掲載しています。


学費・奨学金・研究助成制度

学費の値下げ、助成制度の拡充など、学びやすい環境を実現しています。


連帯社会インスティテュート独自の奨学金について

連帯社会インスティテュートの学生を対象に、独自の奨学金制度を用意しています。


学生生活について

学生生活を充実するためのサポート情報、各種申請書等を掲載しています。


学生・修了生の声

学生・修了生の声を掲載しています。(他専攻のみ)


連帯社会研究交流センターホームページ

連帯社会研究交流センター(ReCSS/通称:レックス)は、連合大学院(連帯社会インスティテュート)と密接に連携し、その教育活動を支援する機関です。